韓国経済崩壊の始まりにポスコも参戦 - 崩壊する韓国経済

韓国経済崩壊の始まりにポスコも参戦

韓国経済崩壊の始まりにポスコも参戦

韓国の鉄鋼大手ポスコによる新日鉄住金の技術盗用問題で
日韓に火花が走っています。


そこにはポスコのとんでもない企業体質が隠されていました。
その実態を知れば知るほど我々日本人は呆れて物が言えなくなります。

ポスコというより韓国という国の問題であるとも言えるでしょう。

img_0.jpg

韓国経済崩壊が叫ばれていますが、どうやらその中に韓国鉄鋼最大手の
ポスコも加わりそうな気配になってきました。

                      関連記事 ポスコがやらかした大失態

                      関連記事 韓国という国がこういう体質

最大手の企業が盗用なんてちょっと信じがたいですね。
なぜポスコが技術盗用したのが新日鉄住金にバレたのでしょうか?

それはなんと身内であるポスコの元研究員の証言だったのです。


これから詳細をお伝えしていきますが、内容が内容だけに、
新日鉄住金は特殊鋼板製造技術がポスコに技術盗用されたことに対して
約1000億円の損害賠償と製造差し止めを求め訴訟することになります。


その研究員の証言により、ポスコの技術盗用の手口がみるみる明らかにされ、
ポスコという企業の体質が問題視されただけでなく、それまでポスコが
「独自技術」と言っていたことも完全否定するにいたるようになります。

1bbd1e5ea04de79fb05f18fb1531e7ea.jpg

韓国の鉄鋼を牽引していたポスコがこれでは
韓国経済崩壊と言われても反論できないでしょう。


技術盗用にいあるまでのやり方は下の図を見ていただきたいのですが、

ポスコの東京研究所の所長が新日鉄の元技術者に何度も接触して関係を深め、
機密情報提供の見返りに数億円もの高額な報酬を渡し
さらには韓国の大学教授のポストを用意させるなどして
徐々にポスコと共同研究をさせていきました。



このポスコの東京研究所というのは
「研究所」という名はついていますが名ばかりで、
日本の鉄鋼メーカーの情報を収集して韓国の本社に
おくることが目的だったとのこと。


さらにポスコの研究員はポスコの部長クラスから猛烈な圧迫を受けており、
何が何でも新日鉄から情報を聞き出さなければいけないという
プレッシャーをかけられていたそうです。

968585d0.jpg


現在訴訟中になっている盗用された技術というのは
「方向性電磁鋼板」
というもので、変圧器に使われる特殊な鋼板であり、
製品化するまでに膨大なお金と時間をかけ、
「門外不出」とされてきたほど大切なもののようです。


ここまでの陳述でもポスコとはとんでもない企業だと思いますが、
陳述書にはさらに衝撃的なことが述べています。


・ポスコによる技術盗用は総責任者が社長であり、会社として組織的に長期に渡り行ってきた
・ポスコに特許はあるが、新日鉄から特許侵害を疑われた時に反論するために
ダミーとしてあるだけ、実際には使えるシロモノではない

会社ぐるみで新日鉄住金から技術を盗んでいたわけです。

c8deec65.jpg


そんな高度な製品をポスコが1年半たらずで市場に出すことが
出来るようになったのも新日鉄から技術盗用できたから
とのことですから全てつじつまがあいますね。


もともと韓国にはあらゆる分野で独自開発能力がなく、
日本製品のコピーやパクリでやってきたことは周知の事実ですが、
まさか韓国最大手の企業が社長を筆頭にこれだけのことをやってくるとは驚きです。


最大手のポスコがこんなことをしているから韓国経済崩壊の始まりと言われてしまうのですね。


ポスコというか韓国人にはプライドを持って仕事をしてほしいですね。



これ女子にあげたらビンタされました↓
ホントは欲しいくせに・・
【無料で試してもらえませんか?】女性限定 5日で・・・

こっちは、ありがとーって言ってくれました
女心は分かりません
【無料で試してもらえませんか?】女性限定 5分で・・・


関連記事
jfshgfjs.jpg二度あることは三度めも

s1.reutersmedia.jpg1ドル1000ウォンが見えた

Bhzqie9CUAAryo-.jpgパクリ企業ポスコが大失態

013.jpgサムスンこけたら韓国滅ぶ

lyudfkd.jpgパク・クネに辞めろコールの雨嵐

3a70f9ef6c4f8bb2fafc9f55bf642960.jpg70%もの韓国人が海外へ移住希望

url.jpg反日後悔 後悔先に立たず

jrshjss.jpg告げ口外交のツケ


もし、よければブログランキングを どちらかクリックいただけると幸いです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 特定アジア

スポンサーリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。