韓国経済崩壊 最新2014 - 崩壊する韓国経済

韓国経済崩壊 最新2014

韓国の製鉄大手ポスコがインドネシアに2014年1月完成させた製鉄所が
なんと稼働二日目に大爆発をおこして32時間もプラントを炎上させる
大事故が起こりました。

                    関連記事 燃えて 萌えて もえて・・

c76a3255.jpg


製鉄用のコークスにも延焼したようで
「もはや製鉄所として機能しないのではないか」
とも言われているほどです。


bd766fb6.jpg


巨額の資金を注入して作ったにも関わらずたった2日で
壊れてしまったのですからインドネシア経済にも
かなりの影響を与えるのは必死です。

                    関連記事 ポスコのとんでもない不祥事                     

製鉄所がちゃんと稼働するという前提で製品を納品、販売予定
していた人たちが軒並み身動きがとれなくなるのです。

さまざまな損害賠償がからんでくるでしょうが
これらは韓国側に支払い義務が出ることになるでしょう。


こんな大失態を引き起こしたのですからポスコの株価は急落


今回は製鉄所でしたが韓国の失態はこれだけではありません


国家レベルの大型受注ではアラブ首長国連邦(UAE)の
原子力発電所の件があります。


原発大国である日本やフランスとの競合に勝つために日本や
フランスが提示した金額の8割以下の価格で強引に受注することに。

UAE_131014.jpg


しかし、金額だけでなく、

・40年が寿命と呼ばれる原子炉の60年間稼働保証、
・韓国軍が原子炉を警備する

というあまりの好条件にUAE側が韓国に対して
本当にできるのか疑問をいだき、

「安全に運転できることをUAE側に証明できなければ
2015年を期限として違約金を支払うこと」


という条件が加えられました。


しかし、この原発は建設に関してロイズ保険が条件としていた
原子炉メーカーである東芝と東芝の子会社である
ウェスティングハウスが撤退することに。

96958A9C93819696E2E7E2E5988DE2E4E2E1E0E2E3E1E2E2E2E2E2E2-DSXBZO5254525007032013000001-PN1-7.jpg


他の原発メーカーは韓国と関わりあいたくないのか、
どこも技術提携する気がなし。


ロイズは韓国製の原発を全く信用しておらず
査定事態を拒否している状態が続いているため
建設の目処はまったく立っていません。

こんなことをしているうちに2015年があっというまに来てしまいますね。


さらに、韓国はイランから原油を輸入していたのですが、
イランに対する経済制裁があり支払いを凍結していました。


しかし2014年になってイランの経済制裁が解除されたため、
イラン側が支払いを求めていますが、韓国はいまだに
支払っておらずこれまた莫大な金額になるものとされています。

0cd9fe79.jpg
お金を支払わない韓国に対してイランが通せんぼ


独自技術をもたずに日本のコピーとウォン安だけで
輸出を伸ばしただけの国だったのですが、

中途半端に売上が出たのがヘタに自信を強めて
製鉄所や原発などに手を出してしまったのでしょうね。

                      関連記事 コピーでなくパクリ

ウォン高で輸出企業が危機的状態、中堅財閥が連鎖倒産、
日本からの投資が前年比40%減、日本人観光客が前年比70万人減少、
不動産価格の低下、外資銀行の軒並み撤退と
問題続きなところに上記の3大問題が発生です。

パク・クネはこの後始末をどうするつもりなんでしょうね。



これ女子にあげたらビンタされました↓
ホントは欲しいくせに・・
【無料で試してもらえませんか?】女性限定 5日で・・・

こっちは、ありがとーって言ってくれました
女心は分かりません
【無料で試してもらえませんか?】女性限定 5分で・・・


関連記事
jfshgfjs.jpg二度あることは三度めも

s1.reutersmedia.jpg1ドル1000ウォンが見えた

Bhzqie9CUAAryo-.jpgパクリ企業ポスコが大失態

013.jpgサムスンこけたら韓国滅ぶ

lyudfkd.jpgパク・クネに辞めろコールの雨嵐

3a70f9ef6c4f8bb2fafc9f55bf642960.jpg70%もの韓国人が海外へ移住希望

url.jpg反日後悔 後悔先に立たず

jrshjss.jpg告げ口外交のツケ


もし、よければブログランキングを どちらかクリックいただけると幸いです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 特定アジア

スポンサーリンク
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。