韓国経済の現状 2013年 垂直落下式バックドロップ炸裂な年 - 崩壊する韓国経済

韓国経済の現状 2013年 垂直落下式バックドロップ炸裂な年

2013年の韓国経済の現状は「衝撃的」という文字が
一番ぴったり合う言葉ではないでしょうか。

                     関連記事 やせ我慢しすぎ

まずは2013年1月から2013年9月にかけての日韓の貿易ですが、
2012年度に比べて8.15%減りました。


hshjrstj.jpg


貿易だけではありません。
他の項目も見てみましょう


2013年1月から9月の間に韓国に旅行した日本人は206万人で
2012年にくらべて一気に70万人以上も減少しています。


b0003649_241116.jpg


その観光客の中でも多くの割合を占めていた
中高年の女性が激減したそうです。

一昔前の韓流ブームに乗っかっていた
おばさん軍団を失ったのは痛いですね。


投資に関しては日本から韓国への投資金額が
前年対比で40.6%も減ったそうです。


waza_misawa3.jpg


1年で投資が約半減って普通ならばありえません。

明らかに異常事態で、これについて韓国の経済研究所の方が
「明らかに韓国側のほうが韓国経済の現状に与える被害が大きい」
という発表していることからその深刻さが伺えますね。



さらに追い打ちを掛けるようにイギリスの
HSBC銀行は法人部門を除き韓国から撤退、


puro00003.jpg

これまたイギリスのスタンダード銀行やシティバンク銀行も
店舗を次々に閉めて行っている状態です。



外資系の金融がこうも撤退を続ける理由は
韓国の金融当局による規制が厳しいため、
それが各銀行に愛想をつかせたからです。


韓国経済の現状は内需ではなく外需依存度が高く
世界の景気状況に左右されるというところが日本と違います。


ここ数年、韓国の財閥系企業は明らかなウォン安で世界市場を
席巻していましたが、ウォン高になってから立場は逆転。

一気に韓国経済が苦しくなりだしました。


さらに不動産価格も下落気味基調でそれがさらなる
金融の信用収縮につながっていますね。


img_1.jpg


韓国経済の現状を牽引しているのは国内GDPの
2割を占めるサムスンによるものが大きかったのですが、
主力がスマートフォンなのです。


そのスマートフォンも今では中国も同じようなものを
安価な価格で売り出せる状況です。


ウォン高もあるため価格競争に巻き込まれたサムスンが
これまでのような利益をあげることは難しいでしょう。


貿易、観光、投資、銀行、不動産など主要なところが
軒並み悪化して八方ふさがり状態に陥っているのが
2013年の韓国経済の現状なのです。


misawa8.jpg


外資の銀行の撤退はともかく、

それ以外の韓国経済がマイナスに陥っている原因は
イ・ミョンバク前大統領の竹島上陸やパク・クネの
執拗な反日が根本にあることは間違いありません。

                      関連記事 地獄の苦しみへ

これもすべて日韓関係の悪化が原因ですが、
韓国はどうやってこの2013年の経済情勢を
克服していくのでしょうね。




これ女子にあげたらビンタされました↓
ホントは欲しいくせに・・
【無料で試してもらえませんか?】女性限定 5日で・・・

こっちは、ありがとーって言ってくれました
女心は分かりません
【無料で試してもらえませんか?】女性限定 5分で・・・


関連記事
jfshgfjs.jpg二度あることは三度めも

s1.reutersmedia.jpg1ドル1000ウォンが見えた

Bhzqie9CUAAryo-.jpgパクリ企業ポスコが大失態

013.jpgサムスンこけたら韓国滅ぶ

lyudfkd.jpgパク・クネに辞めろコールの雨嵐

3a70f9ef6c4f8bb2fafc9f55bf642960.jpg70%もの韓国人が海外へ移住希望

url.jpg反日後悔 後悔先に立たず

jrshjss.jpg告げ口外交のツケ


もし、よければブログランキングを どちらかクリックいただけると幸いです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 特定アジア

スポンサーリンク
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。