2014年5月 韓国経済破綻 二度あることは三度めも - 崩壊する韓国経済

2014年5月 韓国経済破綻 二度あることは三度めも

2014年5月 韓国経済破綻

韓国経済の破綻が近づいています。


いまのウォン高は6年前につけた1ドル1020ウォンあたりにまで
急上昇しており、政府高官が予断を許さないと言い出すくらいの
状況が続いているからです。

                     関連記事 このままいけば倒産ラッシュ

為替相場で利益が出る出ないを見る指標として
損益分岐点というものがありますが、韓国はこれを
1ドルあたり1045ウォンと設定しています。

OB-WC954_0125kr_G_20130125053606.jpg

2013年から2014年にかけて10%以上もウォン高が続いており、
この5月の時点で1020ウォンまで達したのです。


いまの勢いが続けば輸出で持っている国ですから
韓国経済破綻と言われても文句は言えないでしょう。


しかし、ウォン高ウォン高と言われていますが、
日本でも円高で地獄の苦しみを味わってきたのです。


韓国だけが特別ではありません。


歴史的に見ても日本と韓国の違いは苦境にあるときに
自力で頑張るか、
人に任せるか
この考え方が全てではないかと思います。


資源がなく、原材料を仕入れて自国で加工して
輸出するというスタイルは日本も韓国もほぼ同じです。

                      関連記事 パクりすぎたツケ

しかし日本は石油ショックやプラザ合意、超円高など、
その他もろもろの苦境にぶつかった時に自分たちで
何とかしようと努力し開発に力を入れていったわけです。

jfshgfjs.jpg



それが製品の価値を高め、利用者の生活をより便利にし、
効率化を生み、環境にもやさしい、しかも安価で買える、
など苦境をバネに成長したのが日本の歴史。


しかし、韓国は日本から部品を仕入れて韓国で
組み立てて輸出するだけ。


製品開発や研究に時間をかけないため人材も成長しません。


効率化ばかり求めたのが今の結果でしょう。


この差が大きいです。


困ったときに自分たちで何とかしてやろうという気合と、
助け合い精神が強かった日本と、困ったら誰かが助けてくれる、
またはもらえばいいという発想の国の差と言えばそれまでですが。

yktydjd.gif


ただ、どちらにせよウォン高が進んでいるのは事実です。


いまの損益分岐点1045ウォンが1020ウォン前後になった場合、
韓国輸出企業の76.5%が赤字になるそうで、
そうなれば韓国経済破綻へ向けてエンジンが加速することになります。


企業の赤字→給与のカット→消費の低迷→リストラ→若者の就職難→ 
というスパイラルが高速回転でまわることになりまねません。

                     関連記事 働き先が見つからない

これまでに韓国は2度経済破綻しています。


1度目は朝鮮王朝末期で日韓併合で日本に助けてもらいました。

2度目は1997年にIMFに管理されてしまうという大失態。

3度目はもうすぐそこに迫っています。


いま韓国は中国に擦り寄っていますが、
中国は助けてくれないでしょう。


助けてくれないどころか破綻させて資本を
奪いにくるのではないでしょうか。


助けてくれる国といったらアメリカか日本しかないのですが、
いまの反日一色な国ではとても援助などもらえないでしょうね。

3度目の韓国経済破綻は自力で処理してほしいものですね。




これ女子にあげたらビンタされました↓
ホントは欲しいくせに・・
【無料で試してもらえませんか?】女性限定 5日で・・・

こっちは、ありがとーって言ってくれました
女心は分かりません
【無料で試してもらえませんか?】女性限定 5分で・・・


関連記事
jfshgfjs.jpg二度あることは三度めも

s1.reutersmedia.jpg1ドル1000ウォンが見えた

Bhzqie9CUAAryo-.jpgパクリ企業ポスコが大失態

013.jpgサムスンこけたら韓国滅ぶ

lyudfkd.jpgパク・クネに辞めろコールの雨嵐

3a70f9ef6c4f8bb2fafc9f55bf642960.jpg70%もの韓国人が海外へ移住希望

url.jpg反日後悔 後悔先に立たず

jrshjss.jpg告げ口外交のツケ


もし、よければブログランキングを どちらかクリックいただけると幸いです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 特定アジア

スポンサーリンク
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。