韓国経済崩壊の足音 パク・クネの責任はいかほど - 崩壊する韓国経済

韓国経済崩壊の足音 パク・クネの責任はいかほど

韓国経済崩壊の足音がパク・クネが告げ口をする度に
大きくなっていっています。


先般、韓国国内総生産GDPの2割を占めるサムスンが
2四半期連続で減益と発表がありました。


0.jpg


サムスンの収益悪化で経済が苦しむ中で効果的な政策を
打てなければ経済崩壊も現実味を帯びてくるでしょう。

                      関連記事 サムスンに怒りが止まらない人

パク・クネは就任当初、情報通信技術と科学技術をベースに
新しい製品サービスを創出する創造経済なるものをかかげ、
財閥大企業優先社会を是正する方針を打ち出していました。


しかし、その成果はまったく表れていません。


それもそのはず。

パク・クネ政権は発足以来、告げ口外交のみに
徹底しており財閥変調は変わっていません。


変わっていないどころかここ数ヶ月で中堅の財閥が
バタバタ倒れているのですから悪化の一途を
たどっているのがいまの韓国経済なのです。

                      関連記事 いくらなんでも倒産しすぎ

hjtyujyj.jpg

サムスン電子の業績がなければ韓国経済は2013年
マイナスだったと言われるくらいサムスンの影響力は大きいです。


しかし、そのサムスンもスマートフォン頼み。


にも関わらず隣の中国から安価なスマートフォンが流入しており
サムスンの経営を苦しめており次の一手が全く打てていません。


もともと製品の開発力や国際競争力がなかったため、
日本の技術者を高年俸で雇って設計していたのです。

                    関連記事 さらにとんでもない不祥事をする国

自分で開発するという文化が根付いていないだけに
今の状況を切り抜ける術が見当たらないのも納得できます。



ここでさらなる事実をお伝えしましょう。
韓国経済は絶対に日本に逆らうことができないこというです。

jrshjss.jpg

日本と韓国の貿易では日本は韓国からスマートフォンを輸入しています。
反対に日本から韓国へ輸出されるのは半導体などの資本財が中心です。


これはどういうことかというと、
日本は別に韓国から輸出が止まってもスマートフォンなんて
国内メーカーがたくさん作っているので全く困りません。


逆にパナソニックやソニーなんかは歓迎するでしょう。


逆に韓国からすると日本から半導体が入ってこないと
製品が作れないのです。


つまり、生産ラインが止まるということです


韓国は国内消費よりも海外に輸出をしてお金を稼いでいるのですが、
売るものがなければお外貨を得ることは出来ません。


鉱工業生産が30%くらい減り、
失業率も20%を超えてしまうと言われています。

こういうことをフツーに考えると韓国は日本には絶対に逆らえないのです。


にも関わらずパク・クネは自分のプライドだけで
徹底した反日を続けています。

ce8f1fc2.jpg


大統領は国民の生活や安全を守る必要があるにも関わらずです。


告げ口を外交、日本批判ばかりで改善の意思は
まったく見えません。
                      関連記事 こうなるのも当たり前

こんなことだから日本からの観光客もバッタリ減って
ソウルの商店街は疲弊しています。

fgktykt.jpg

私はソウルには何度か行ったことがありますが、
日本人観光客なしではかなり苦しいんじゃないかと
本気で思いますね。


それくらい日本人観光客は大切なのです。

こういう現実をみているとなんだか韓国の人が
気の毒になってしまいますね。


でも、そういうパク・クネという人物を
大統領にしたのは韓国の国民です。

韓国経済崩壊の足音が現実を帯びてきていますが、
告げ口外交を止めさせない限りきびそうですね。




これ女子にあげたらビンタされました↓
ホントは欲しいくせに・・
【無料で試してもらえませんか?】女性限定 5日で・・・

こっちは、ありがとーって言ってくれました
女心は分かりません
【無料で試してもらえませんか?】女性限定 5分で・・・


関連記事
jfshgfjs.jpg二度あることは三度めも

s1.reutersmedia.jpg1ドル1000ウォンが見えた

Bhzqie9CUAAryo-.jpgパクリ企業ポスコが大失態

013.jpgサムスンこけたら韓国滅ぶ

lyudfkd.jpgパク・クネに辞めろコールの雨嵐

3a70f9ef6c4f8bb2fafc9f55bf642960.jpg70%もの韓国人が海外へ移住希望

url.jpg反日後悔 後悔先に立たず

jrshjss.jpg告げ口外交のツケ


もし、よければブログランキングを どちらかクリックいただけると幸いです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 特定アジア

スポンサーリンク
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。