反日韓国経済制裁すべき - 崩壊する韓国経済

反日韓国経済制裁すべき

最近、反日を激化させている韓国へ経済制裁をすべきだ
との話があちこちから出てきています。


これは韓国に対するダメージが大きく、
キャンと言わせることが出来るからです。

                       関連記事 韓国をギャフンと言わせる方法

あまりにも自分勝手、理不尽で
やりたい放題やってくる韓国には
経済制裁という猛烈な一撃を
加える必用があります。

sjsjjsj.jpg

経済制裁で効果が高いと言われるものは
何個もあるのですが、一番手っ取り早い
ケースが部品の輸出規制です。


日本からの部品が届かないだけで韓国経済を
パニックにすることが出来るからです。


なぜかと言うと、
韓国は輸出に関してはGDPの半分以上を占めており、
輸入依存度に関しては46%も占めている、

輸出依存度だけでなく輸入依存度も異常なまでに
高い完全な貿易依存国ということがあるからです。


素材を輸入して組み立てて海外に出荷する
日本と同じような加工貿易ですが、
                    関連記事 加工貿易と言っても韓国はパクリ国家

日本と決定的に違うのは、日本は原材料を仕入れて
ハイテクを活用して海外に製品を販売しているのに対して、
韓国は日本で作られた部品を輸入してそれを韓国内で
組み立てて出荷する方式を取っているということです。


日本は原材料をどこの国からでも選り取りみどりで
選べますが、韓国が必用としている日本製の部品は
高性能で他の国の製品で代替ができないのです。

img_1603842_53816285_0.jpg

これはつまり日本の部品がなければそれで
出荷する製品が作れなくなって売上が上がらない
ということになってしまうということですよね。


韓国のGDPの2割を占めるというサムスンでさえも
日本の部品がなければ即日工場が停止に追い込まれてしまうほど
日本製品がなければやっていけないほどです。


いまの韓国の失業率は10%を超えていますが、
こういう理由から本当に日本から部品が
届かなくなれば失業率は一気に30〜40%まで
跳ね上がることになると言われています。

                       関連記事 しかも多重債務者続出

まさに一撃でキャンと言わすことが出来ますね。


ここでのポイントは、輸出しているのは
日本政府ではなく日本の民間企業ということです。


これだけ意味不明なバッシングをしてくる韓国に
日本国民はうんざりしています。

大手企業の株主総会でも中国や韓国から撤退して欲しい
という声があちこちで上がっており、
その勢いは無視できないほどにまで広がっています。

kkttklsdks.jpg
日本企業も韓国の姿勢にはうんざりです。

すでにカントリーリスクを感じて業務縮小や
撤退しているところもあります。



いますぐはムリでも将来的には縮小していくほうが
企業にとっても良いのではないでしょうか。

製品をどこに輸出するか決める自由は
各企業にありますからね。


いつまでも挑発してくる韓国に輸出していると、
下手をすると国賊扱いされ国内で不買運動が
起こってもおかしくありません

韓国ではなく、円安で国際競争力を取り戻しつつある
国内企業に販売先を変えるだけで経済制裁を簡単に出来ますし、
日本人にもイメージが良くなります。

jjejej.jpg

なにより日本経済にとってもそちらのほうが
良い効果をもたらします。

各企業がズバッとした決断をしてくれたら
そこの企業の株価が跳ね上がるような
気がしてならないんですが。



これ女子にあげたらビンタされました↓
ホントは欲しいくせに・・
【無料で試してもらえませんか?】女性限定 5日で・・・

こっちは、ありがとーって言ってくれました
女心は分かりません
【無料で試してもらえませんか?】女性限定 5分で・・・


関連記事
jfshgfjs.jpg二度あることは三度めも

s1.reutersmedia.jpg1ドル1000ウォンが見えた

Bhzqie9CUAAryo-.jpgパクリ企業ポスコが大失態

013.jpgサムスンこけたら韓国滅ぶ

lyudfkd.jpgパク・クネに辞めろコールの雨嵐

3a70f9ef6c4f8bb2fafc9f55bf642960.jpg70%もの韓国人が海外へ移住希望

url.jpg反日後悔 後悔先に立たず

jrshjss.jpg告げ口外交のツケ


もし、よければブログランキングを どちらかクリックいただけると幸いです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 特定アジア

スポンサーリンク
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。